忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/15 09:52 】 |
PSPを改造しようとしている人に
初心者の方 や PSPを改造したいけどどうすればいいのかわからない方のために手順をまとめてみましたので  このサイトへ来た場合は一度目を通してください。


 
現在最も普及していて有効的なものが Custom Firm Ware(カスタムファームウエア)というもので、これをPSPにインストールすると以下の事が可能になります。 
 - UMDをメモリースティックにコピーして起動 
- 自作アプリの起動(エミュレータやツールなど) 
- プラグインが使用可能(スクリーンショット、チートの使用等) 
- PS1ゲームをPSPでプレイができる 
今ではPSP-3000でも「HEN」という物があります。これを使えば、上記のこともできます。(一部できません)
ではどの場合に出来るのかを紹介したいと思います。

(1)自分のPSPのバージョンを確認する

1.XMB(最初のメニューのこと)の 設定 の項目にある「本体設定 →  本体情報」を選択します。 

2.システムソフトウエア の項目を確認する。 
ここで表示されているバージョンが 1.51 以上 であると CFW を導入する事ができないように対策されています。 

なぜ導入できないのか?というとバージョン が 1.51 以上 の場合 CFWをインストールするためのインストーラーがSONYの対策によって起動できないようになっているからです。 
また 一度バージョンを上げてしまったら下げる事ができません。 

そこで PSPのセキュリティーホール(バグ)や UMDのセーブデータのセキュリティホール(バグ)を使って バージョンを 1.50 にして CFWのインストーラーを起動できるようにします。 
このことを「ダウングレード」(PSPのバージョンを 1.50 に下げる)といいます。  
これにより PSP-1000 の場合 ダウングレード をすれば CFW を導入することができます。 

しかし PSP-2000 の場合 本体の仕様により ダウングレード をすることができません。 
そこで「パンドラバッテリー」というもの使うことにより どんなバージョンの PSP-2000 でもダウングレードしなくても直接 CFW を導入することができます。 
また このパンドラバッテリー はPSP-1000 でも使用可能なので ダウングレード無しで 直接 CFW を導入することができます。 

PSP-3000 や 対策された PSP-2000 については 物理的に対策されているため CFW を導入することができません。 
そこで FW 5.03 FW6.20 FW6.35 FW6.36では HEN を動作させることにより、
自作アプリが起動可能になります。 
また HEN を動作させた状態で CFWEnabler や 5.03 GEN for HEN を使うことによって
メモリースティックから CFW のファイルを読み込んで 一時的 に ISO/CSO 起動 や プラグインの使用、
自作アプリ が起動できるようになります。

PSP-1000(旧型PSP)の場合: 

3.以下のチャートを選択肢に沿って進んでください。

1の場合に進む 
2の場合に進む  



PSP-2000(旧型PSP)の場合: 

3.以下のチャートを選択肢に沿って進んでください。 

1の場合に進む 
2の場合に進む 

PSP-2000 対策基板判別方法 でお手持ちの PSP-2000 が対策基板であるか確かめることができます。 
対策基板判別が他サイトですみません。

PSP-3000 の場合: 

3.以下のチャートを選択肢に沿って進んでください。 

1の場合に進む 
2の場合に進む 


PSPQ」様からの引用です。
ここの画像は少し古いものですので補足をします。
今ではFW6.37でなければ、改造やHENができます。
そこは少しおいておきます。
(※)改造するにあたって最低限必要なもの

- メモリースティック 
最低でも 256MB 以上は必要です。 
もし 新しくメモリースティック を買うのであれば その後のことも考えて 8GB 以上のものを買うといいでしょう。  
自分でバックアップしてゲームをする場合は特に容量のおおい物がいいです。
Amazon ではメモリースティックを家電量販店よりも格安で販売していますので お勧めです。 

8GB:

16GB: 
www.amazon.co.jp/gp/product/B0026ESMU8
www.amazon.co.jp/gp/product/B0024NK2TK

32GB:
www.amazon.co.jp/gp/product/B0026ESMU8
www.amazon.co.jp/gp/product/B002UHJ1JW
www.amazon.co.jp/gp/product/B002PF2DDK
パソコン と PSP をつないで メモリースティック にアクセスするために必要になります。

- パソコン 
できれば OS が Windows XP 、Vista、7 がいいと思います。(自分はVistaです。)
Mac や 古い Windows でも構いませんが ツールが対応しなかったりする場合があります。 

- 解凍ソフト 
ツールをダウンロードした際に必ずファイルが圧縮されています。 
圧縮されたファイルは 解凍する必要がありますので 「WinRAR」 という無料で圧縮解凍ができるソフトを
パソコンにインストールしておきましょう。 
 
(2)ダウングレード

1.表示されているバージョンによってダウングレードする方法が異なります。 
条件がそろっているダウングレーダーを使用してください。 

FW2.80 用ダウングレーダー  
条件:FW 1.51~2.80 である 

- FW3.03 用ダウングレーダー 
条件:FW 1.51~3.03 である 
必要なもの:初期版 GTA LCS を持っている 

FW3.50 用ダウングレーダー 
条件:FW 1.51~3.50 である 
必要なもの:対策前の ルミネス(通常版Best版)を持っている 

※対策版の見分け方は ルミネス対策版出回る の記事を参考にしてください。 

(3)CFWの導入

1.ダウングレードできたら早速CFWの導入をしてみましょう。 

CFW 5.00 M33CFW 5.00 M33-6 

というように 記事を参考にして導入してください。 

2.これでCFWの導入は完了です。 

(4)パンドラバッテリーを使ってCFWを導入

1.下記の記事を参考にしてCFWの導入を行ってください。 

CFW 5.00 M33 on DC v8 

2.これでCFWの導入は完了です。 

(5)パソコンで MMS を作成してCFWを導入

マジックメモリースティック(MMS)の作成には CFW 導入済みのPSPが必要ですが Rain's UltraLite MMS Maker を使用すれば パソコンで マジックメモリースティック の作成が可能です。 

これにより CFW導入済みのPSPが無い方でも PSP にCFWを導入することができます。 
しかし パンドラバッテリーが別途必要となりますので 持っていない場合は Amazon でパンドラバッテリーを購入することが可能です。 

Amazon:PSP-1000/2000 両用 パンドラバッテリー 

パソコンでマジックメモリースティックを作成する方法は
 パソコンでマジックメモリースティックを作成 - Rain's UltraLite MMS Maker の記事を参考にしてください。 

これでCFWを導入できれば完了です。 

(6)5.03 6.20 6.35 6.36 HEN を使ってCFWを導入

1.下記の記事を参考にしてCFWの導入を行ってください。 

パンドラバッテリー無しで FW 5.03 以下のPSPにCFWを導入する方法 

2.これでCFWの導入は完了です。 

(7)対策された PSP-2000 やPSP-3000 でCFWの機能を使用可能にする

PSP-2000やPSP-3000でCFWの機能が使用可能に - CFWEnabler 3.60 の記事を参考にして CFWEnabler を起動させてください。 

これで CFW の機能を使うことができます。 

 

PSPQ」から引用させていただきました。
これからしっかりと記事を書いていきます。
よろしくお願い致します。m(__)m
PR
【2011/02/19 11:37 】 | PSP | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<まさかのマニュフェスト | ホーム |
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム |